パトアシュ・手相・忘年会

6時半起床。支度してハーブティを入れ、ちょっとだけ飲んで温まる。車のフロントガラスが凍っている。しうさんにバス停まで送ってもらう。早く着いたので駐車場で待ちながら他愛もない話。こんな時間も珍しい。
7時49分立川行きのバスに乗る。日射しはまぶしいが、山の上は曇っている。今日の服装は靴下は温ちゃん5本指、クワトロ先丸、シルク、ウール、温ちゃん先丸、クネクネウールピンク、シルクコットンレッグウォーマー。はらぱんロング、落ち綿レギンスカーキ。カップキャミ、シサムOGラウンドネック長袖シャツ、バーンノーク手織りチュニック、シサムウールカーディガン。ダンスコ。シサムのウールショールも持ってきた。足先少し冷えるけど、レッグウォーマーがあってよかった。またまわたも装着。
昨日から左耳の奥がちょっと痛い。まあ、無理しないようにしよう。車内はコンセントがある。充電しながら日記を書く。駒ヶ根は雪が舞っている。車内も温まらない。軽く眠る。9時半双葉SA。青空。自販機でカフェオレ(シナモントッピング)250円。隣に150円のがあったけど奮発。熱い飲み物を飲むと喉がちょっと痛い。頭も少しズキズキしてきた。この程度で済むといいな。バス乗車人数はわたしを入れて6人。SA過ぎたら正面に富士山。少し霞んでるけど大きく見える。わたしは子どもの頃、富士山が怖かった。近づくとゾワっとする。なにか感じていたんだろうね。そういう敏感なとこ、親たちはどんなふうに見てたんだろう。もう今は聞けない。ふたりとも富士山のふもとに眠っている。日が高くなりようやく車内も温まってきた。さてさて、着いたらどうしよう。お昼ごはんはノープランだ。カフェオレ飲んだからかトイレに行きたくなる。最近どうも乳製品に弱い。立川行きバスのトイレはレベル5。鏡で自分チェック。うん、なかなかいいよ!わた手のみれいさんの言葉を読む。日記を書くのは今を味わうことだなあ。
11時半立川着。目当てにしていたカフェを探してちょっとうろうろ。自分でも笑っちゃうくらい方向音痴になったなあ!若い頃は初めての土地でも行き先を間違えるなんてことなかったのに。あとで考えたら方向音痴というより、記憶力の問題。AとBどちらにしようか迷って、Bに決めたのに、Aのことが記憶に残っていてそっちにひっぱられるんだ。
立川はいつも素通りだから、うろうろしていろんなお店を見るのも楽しい。都会の店はセンスがあって勉強になる。カフェで湯葉と生麩の鴨丼。家では食べないような素材の料理があればそれを選ぶようにしている。都会は外食でこういうからだにやさしい系のごはんが食べられていいなあ。お味噌汁が熱々で温まる!丼ごはんの量も多すぎずちょうどいい感じ。焼いた長ネギ、生麩を薄く切って揚げたものが2枚。鴨肉も柔らかくて旨味がある。汁を吸った丼なのでスプーンがついている。このスプーンが使いやすい!見渡したらお客さんの100%が女性。カップルもいない。座敷風の席には赤ちゃん連れの若いママがいっぱい。わたしはカウンター席。iPadをいじるにもちょっと目をつぶって休むにもいいポジション。席にコンセントも付いてるし。音楽だけちょっとミスマッチ。食後の紅茶は大きいマグカップ。食後もゆっくりしていってねということだね。いいお店。でも逆に、ここが名古屋か京都か東京かわからなくなる。沖縄ではないのは、顔と言葉でわかる。そうやって考えるとやっぱり沖縄は特殊。ネットはデータ容量の問題なのかつながりにくい。カフェを出て本屋をぶらぶら。
駅の北口からバスに乗りパトアシュさんへ。初めて訪れたお店はほんとうに小さくてびっくりした。でもその空間にようこさんワールドが詰め込まれていて素敵だった。ひだまりマルシェでヒプノをやる方がいらしてその場で明日の予約の話になった。有理さんのセドナの話がおもしろかった。みぽりんが別室で山田さんの施術を受けていた。施術後のみぽりんはえらい元気だったけど、ここにたどり着くまではヘロヘロだったとか。みぽりんと一緒にひだまりマルシェへ。公民館の2階の1室、狭い空間にかばこさん、きよさん、syuさんたち九州勢がいる、というのがスゴイ。
syuさんの手相とカードリーディングを受ける。手相は昇り龍という強運の線があるとのこと。好きなこと、ワクワクすることをやればやるほど運が強くなるって。興味が移っても飽きっぽくてもいいんですって。先日読んだしいたけ占いでも、山羊座は「ここまででいいや」という感覚があるって書いてあったけど、それでいいってことなんだね。興味が移ってもそれがその都度学びになるわけです。お金は入ってくるので上手に使ってエネルギーをまわすこと。お金を使うイコール愛のエネルギーを広げる、そんなイメージで。動いて出会って経験することで枠がなくなる。もともと経営者向きの線を持ってる。などなど。そしてカードリーディングでも、自分が楽しむ、やりたいことをやる、というメッセージ。次々繰り出されるカードメッセージが出来過ぎてうなりました。手相の本を読んでもわからなかった線の疑問が解けたし、よかった。
セッションのあと、しおさん、syuさんとお茶しながらメイクやスキンケアの話。おもしろかった。きっと明日のうすきさんの話とも通じると思う。
マルシェ終了後片づけを少し手伝って、しおさんと電車で立川駅へ。忘年会会場のアナログ舎の場所はちゃんとチェックしてなかったので、しおさんが一緒でよかった。忘年会は総勢26名。東京、九州、信州、各地から集結。みいこさんたちチーム多摩のみんながいろいろ準備して盛り上げてくれた。あったかくてやさしくて、これはある意味「家族」だなあと思う。2次会でカフェへ。3月に諏訪で重ね煮教室をやることがほぼ決定。
児玉さんとホテルに戻りチェックイン。部屋は広くてベッドも大きい。お風呂に入ってハーブティを飲んで日記を書く。頭痛は治まっている。またまわたがいい仕事していた。センター感、安定感。着けてる間は忘れてるんだけど、外すとわかるのだ。
ひと言多い人もいるけど、わたしはひと言足りない。感謝だったり労わりだったり提案だったり助言だったり、もうひと言つけ加えればもっと伝わるのに。あとで、あの時言えばよかった、って気づくんだよね。

スポンサーリンク