素肌美講座・カフェスロー

眠る前はほんとに幸せな気分だった。夜中3時ごろエアコンが暑くて切って、6時半ごろ寒くてつけて、部屋が温まってきた頃また微睡んでいろんなイメージがやってきて眉間もゆるんでからだの力も抜けて。7時半に起きてすぐ半身浴。お湯の中にとろとろ溶けていく。幸せだー!身支度して番茶を飲んで昨日のイベントをアップしてるFBを見たり。
9時に児玉さんとロビーで待ち合わせて立川駅構内のカフェへ。コーヒーとサンドイッチ食べながらおしゃべり。児玉さんとは国分寺で別れる。駅ビルの本屋で時間つぶし。ユリイカこうの史代特集を買う。旅先でユリイカを買うパターンよくある。他にも気になった本があったけど荷物が重くなるので断念。
11時カフェスロー隣のビルへ。ムーンピーチの素肌美講座。こうづねいさんも一緒に受講。皮膚とはなにか、皮膚の目的はなにか、というと、究極は生命維持なんですね。お肌になにも手を加えない状態が、一番皮膚が本来のチカラを発揮できる。肌が弱い、敏感という悩みは手をかけ過ぎも要因。肌はそのままで「丈夫」なんだという発想は新しかった。皮膚は情報をたくさん受け取る器官でもある。自分の顔やからだを手のひらで触れて愛おしんであげる。やっぱり触れることは大事。マッサージできるようになるといいのかなあ。実際にオイルを塗ってマッサージ。やさしくくるくるとなでるようにマッサージする。蒸留水を湿らしたコットンで拭き取る。今日はメイクしてこなかったけれど、コットンが黒ずむくらい汚れがとれる。オイルクレンジングのあと化粧水を5滴くらい手にとり、深呼吸しながら顔にハンドプレス。深呼吸するのがミソなんだそうだ。最後にバームで乾燥が気になるところなどケア。ほかの参加者さんたちみんな、お肌がつるピカになったり、くすみがとれて透明感が増したり、すごいキレイになってた。講座のあとムンピ商品の買い物などもしてカフェスローへ。
チーリン真弓さんとみいこさんと待ち合わせて、ねいさん、うちうみさんと一緒にランチ。カフェスローランチ美味しい。お茶しながら15時ごろまでおしゃべり。ゆうわのめぐみさんやルシアミさんの話、アンデルセンにみんなで行こう、とか。真弓さんもファンデなしできれいな肌。ビジネスノリノリで自信と貫禄がついてきた感じ。
その後うすきさんとお取り引きのことなど打ち合わせ。
17時過ぎに立川駅に着き、キッシュとサラダを買い、パンと紅茶でお腹を落ち着かせる。
18時発の高速バスに乗車。食べてすぐひと眠りしたのでパンが胃にもたれて気持ちわるい。買ってきたユリイカを読んだりしてたらもっと気持ちわるくなった。高森に着いたけど迎えに来てくれるはずしうさんが着いてない。メッセンジャーの送信が遅れたみたい。データ通信また遅くなってるのかな。
夜ごはんにしゃぶしゃぶを用意してくれてあったけど、気持ちわるくて食べられない。仕事はやっぱり大変だったみたい。スタッフがいっぱいいっぱいで、やっぱりこんな忙しい時期に遊びに行くのは(遊びだけじゃないけど)無理があったかなあ、とちょっと気が重くなる。セッションで、わたしが楽しいことをするのが一番、ってよく言われるんだけど、なぜかいつも、裏目に出るような気がする。この感情、感覚を見せてくれているのは記憶。ポノる。心配のエネルギーは送らない。
お風呂前にオイルクレンジング。月桃がないのでアルガンオイルを使ったけど、やっぱりコットンが黒ずむほど汚れが落ちた。東京の空気の汚れかな。信州はまた違う感じかもしれない。
帰りのバスの中で「思い込み」について考えていた。枠を作るのは思い込み。思い込みを解除すると枠も外れる。
2日間留守をしていた間の台所のカオスは今日はまだ見ないようにしておこう。

スポンサーリンク