ピーク

激しい雨に頭の中を打ちつけられて脳内マッサージ。心地よく微睡みながらリアルな夢を観る。渡辺謙や役者数人と楽屋でごはんを食べていたり、真っ暗な夜道をライトもつけずに走っていたり。まぁねーさんの遠隔の影響もあり?
朝の室温12度。比較的暖かい。ばあちゃんを送り出して、朝ごはん。ごはんと野菜炒め。

店は今日が一年で一番忙しい日。そんな日に、朝、届くはずの荷物が来ていなくてバタバタ。かまぼこ、黒豆などの正月用品がたくさん入荷。通販の注文、店の注文を取り分けて、店頭にディスプレイする。お客様もたくさんいらして、お買い物も年末らしくまとめ買いや、ふだんあまり動かないものが売れたりする。
発注チェックのために店頭に出たら、棚に商品がないのに気づいて品出しをしているうちに、お客様から話しかけられて、対応しているうちに、発注のことを忘れているというドタバタ。
ここしばらく問題になっていた商品についてのメーカーの対応に、さすがに怒る。わたしが怒るなんて、よっぽどだからね!頭に血がのぼって呼吸が浅くなる。ああ、でもこれも毒出し。このことが見せてくれているのは、もう、ほんとうに、いいと思う商品を、大切な人に、ていねいに届けたい、という想い。スタッフのためにも、お客様のためにも、自分自身のためにも。そうなれば、商品数はごそっと減るだろう。ひとつの店でいろいろな商品が買えるという、うちの店の良さはなくなる。それでも、そろそろ変わりどきなんじゃないだろうか。

夜ごはんはしうさんが作ったお雑煮。
半身浴しながら『この世界の片隅で』を読み返す。だいぶ前に読んだので、ところどころ忘れている。ゆっくりじっくり表情ひとつひとつ味わいながら。

スポンサーリンク