富士ファミリー

朝はゆっくり起きる。コーヒーを淹れ、ばあちゃんにごはんとおせちの残りを出す。
しうさんが白玉だんごをつくり、昨日の小豆を煮たのでお汁粉にする。お餅だとばあちゃんが喉をつまらせるといけないから。
わたしたちはお雑煮を作って昼ごはん。
昨年の正月ドラマの再放送「坊ちゃん」を途中まで見てから買い物に。本屋でばあちゃんのたしざんドリルとフラの雑誌を買う。その後レンタルビデオ店へ。南アルプスがよく見える。道が混んでいてゆっくり運転だったので、しうさんに山の名前を教えてもらう。今度こそ覚えたい。3000m以上の山が8つも見えるなんてスゴイ。
帰って録画しておいた「坊ちゃん」の続きを観る。
その後、録画しておいた「富士ファミリー」。これも昨年正月の再放送。脚本の木皿泉は、Eテレ「スイッチ」で佐藤健と対談していたのがおもしろくて初めて知った。夫は障害があって妻は介護しながら、夫婦で共同で脚本執筆している、その様子を放送していた。こんな人たちからどんなドラマが生まれるんだろうと思って、最初に観たのが昨年の「富士ファミリー」。雑誌「ドラマ」で脚本も読んだのだった。そういえば、この間読んだ高山なおみの日記でも、木皿泉のファンだと書いてあったな。ドラマは、片桐はいり、高橋克実、吉岡秀隆がよかった。う~ん。まあ、おもしろかったけど・・。木皿さんのほかの作品も観てみたほうがよさそうだな~。
観ながらお汁粉食べたりチーズつまんだりダラダラ。あー、やっぱりなんだかんだと食べ過ぎモードに入ってしまった。仕事している時はそれでも食べる時間が決まっていたのに、家にいるとずっとダラダラ食べてしまう。
映像を見疲れて三線の練習。しうさんが珍しく風呂をゆずってくれたので先に入る。半身浴しながら日記を書く。ネットで星野源の映画を見つけつい見始めてしまう。遅くなりそうなので途中まで。残りは後日。
お風呂から出てムンピオイル塗ってビール。

スポンサーリンク